登山

 05,2013 20:43




先週末、むすっこが久しぶりに部活が休みだと言うので

今年初の登山してきました。

毎年、夫の両親と一緒に登るのですが、

急な休みだった事もあり、誘ってみましたが、

山男の義父は、何日か前から別の山へ行ってました。

なので、今年は初の家族のみでの登山しました。

そろそろ下の子も登れそうだなぁと思い

手稲山に登ってきました。

私は手稲に登るの小学生以来かなぁ

昔は小学校の登山遠足で手稲山登ったんですよ。

その時と同じ平和の滝から登ってきましたよー。

さすがに一眼レフ持って登る自信はなかったので

スマホ持参で。



teine1.jpg


ものすごく天気のいい日で、

気持ちもよく、前半は快調〜

ところが、30分くらいすると足下に違和感・・。

よく見てみると、トレッキングシューズのソールが剥がれてる(;≧皿≦)

ベラベラしてるのも邪魔だったので、

剥がしてみると、意外にいけそう!

夫が「駄目そうなら下山しよう」って言ってくれたんだけど

見た感じ、薄いけど底がしっかりある感じだったので

問題なしと判断してそのまま登山続行。

ガレ場(岩が積み重なってるところ)を過ぎたあたりからは

辛くなってきて、少しペースも落ちましたが

脱落者なく、全員無事登頂成功!!

子供たちも頑張りました。



teine2.jpg



ものすごく澄み切った空で、

羊蹄山までくっきりと見えました♪

山頂で、おにぎり食べていると

神主さんらしき人が来て、何やら準備しはじめたので

聞いてみると

「手稲神社奥宮神社」が山頂にあるんだけど、

そこで、夏季例祭がとりおこなわれるとのこと。

ここの神社の扉が開かれたところ、初めて見ました。

年に1回のお祭りの日にあたって、なんか嬉しい♪




teine4.jpg




さぁ、休んだ事だし下山しますか。

ところがね、私のトレッキングシューズ限界に近づいてました。

そこで、私と娘だけロープウェーでハイランドまで降りることにして

男3人は来た道を下山することに。

じゃぁね!と二手にわかれ、

私たちはロープウェー乗り場へ。

ん?んんん?

鍵かかってる!!!!!!

????????????

どうやらやってない!

え!どうしよ。どうやって降りよ。





そうだ、神社のお祭りでバスが来てた。

しかも手稲ハイランドのバスだったし

頼んでみよう・・と、バスの運転手さんに

「すみません。靴がこんなことになっちゃって、

ロープウェーで降りるつもりだったんですが、

ロープウェーも運行してないようで・・。

麓まで乗せていただくことは出来ますか?」

「乗せて行くのはいいけど、出発は2時間後だよ〜

お祭りにきた人の車、ヒッチハイクするしかないんじゃないかなぁ」

と言われ、人生初のヒッチハイクか..と思いながら

ヒッチハイク覚悟でとぼとぼ車道?を下山していると

携帯の電波が1本入った!!

手稲に住む昔からの友人に駄目元で電話。

事情を話すと、旦那さんが迎えに来てくれる事に。

とりあえず、歩けるところまで歩こうと

娘とふたりでペースアップ



teine5.jpg



途中、蛇を踏みそうになったりしながら

しばらく歩いていると、友人の旦那さんから着信アリ。

「今どこ?」

「なんかわからなけど、車通れる道を降りてる。」

「車?どこからも上がれないんだよなぁ・・
まぁいいや、ハイランドの駐車場まで来たからここで待ってる!」

「わかった!ならべく早く降ります!!」


靴はこのときすでにボロボロで、つま先から石や草が入りまくり

つま先からでてきた「中敷き」を娘に押し込んでもらうという

訳のわからない事態になってました。

しばらく歩くと、何やらゲートらしきもの発見!!!

そっか!車、頂上までこれなかったんだ・・。

どうやら、頂上で見た車は神社のお祭りがあるから、

特別に通行出来てたようです。納得。



ゲートでは友人の旦那さんが心配そうに待っててくれました。

「あぁーやっと会えたーありがとう(。ノω\。)゚・。」

ホント泣きそうになりましたよ。

でね、家の鍵も車の鍵も持ってなかったので

西友にでも降ろしてもらって時間潰そうと思ったら

友人の旦那だんが、嫁の実家に行けって。




彼女とは長い付き合いで、

高校時代にLA近郊に1ヶ月ちょっと

ホームステイしたことがあったんだけど、

その時に知り合った友人で、

年も上で、何にも共通点がなかったんだけど

なんか気があって。

とにかく一緒に遊んで、いろんな話しました。

彼女の実家にもよく泊まりにいったなぁ。

でね、夜遊びしすぎで、一緒に説教されたり。

彼女のお母さんでは飽き足らず、伯母さんにまで怒られたりして(爆)

まぁ、とにかくとてもお世話になった家族で。

遊びにいくと「おかえりー」って言われるくらい。

旦那さんとは10年くらい付合って結婚したから

旦那さんとも長い付き合いなのです。

子供が小さいときは、よく遊びに行ったので

うちの子達は最近まで「いとこ」だと思ってたくらい。

おじさんからお年玉も毎年もらったくらいにして。

でも、子供が大きくなってきて、

お互い忙しくなってきて、

最近は年に1回会えるか会えないかくらいだったのです。



だから、友人の旦那さんが、喜ぶから行きなぁって。

で、電話して事情を話し、旦那さんに送ってもらいました。

そしたらね。

「あー良く来た良く来たっ♪ご飯食べてないんでしょー」って

ご馳走いっぱい用意して待っててくれて【T__T】




もうホント有り難い【T__T】

下山しながら、娘に

「ほんと、友達ってありがたいね。大事にしないとね」

「助けてもらった分、友達が困った時は助けてあげようね」

ってずっと話してたんだけど、

ここにきて、もうホント有り難くて有り難くて。

だからね。珍しく長々と書き留めておこうと思って。

途中、用を切り上げて友人も様子見に来てくれて。

災難だったけど、そのおかげで、

久しぶりに沢山話出来て、良い時間持てたなって。



お腹も満腹になったころ、夫から下山の電話アリ

「今無事下山したわ〜。ママ今どこ?」

「○○ちゃんの実家」

「え?何で???」

そりゃぁいろいろあったんだけど、知る由もないですよね。

迎えに来た男3人も、あたたかく歓迎され

すっかりご馳走になりました。



次の日の朝ね、富士山の山開きのニュースがやってて。

「トレッキングシューズは、劣化してくると、

ソールが剥がれてしまう事があるので、十分注意して下さい!」

って写真つきで出てた。

もう少し早くやってれば良かった(;≧皿≦)

最終的にはこんなになっちゃいました。



teine3.jpg


手稲山のロープウェーも何年も前からやってないみたいで、

ハイランドへのバスも、冬場しか運行してないんだって。

知らなかった・・・。

こんな靴で、頂上からハイランドまで4キロ弱だって。

よく降りてこられたもんです。

何はともあれ、ケガもなく、無事下山出来てホント良かったです。








関連記事

Comment 0

Latest Posts -